畑に木が生えている、植えることのメリット

自然農では外部からの資材投入をせずに土を豊かにしていくのが原則とされます。

それが『無肥料』に表されているのですが、これは決して『肥料=養分が要らない』というわけではありません。

時々この辺りを勘違い…というか極端な考え方になっていて『肥料=悪いもの』と思ってさえいる方をお見受けします。

実際、肥料分が無い土で育てるとどうなるか?というのは昨年のプランター栽培比較でよくわかりました。

その様子は↓こちらの動画で紹介しています。

この比較実験でもはっきりしたのが、肥料(養分)がなければ死にはしないけれど生長もせず老化していくという結果でした。

ではなぜ『無肥料』でも育つのかと言えば、それは人工的な養分供給が無くとも土や自然界には自ら養分を作り出す『循環』システムがあるからです。

土には色んな微生物や生き物が住んでいて、彼らがいるから土は植物が生長するのに必要な養分を作り出してくれる。その循環システムを活性化させたり促進させる、あるいは多様化させることで土を豊かにする。

その手助けをするのが農業の本来の在り方で、持続的な食糧生産ではないかと思います。

その手助けとして昔の日本は山の落ち葉を集めてきて堆肥を作り畑に入れていました。それを畑の中でやるのが今回の動画とテーマです。

おおよそのことは動画で話した通りなので、こちらでは簡単なまとめと話しそびれたことを書いていきます。

【畑に木が生えている、果樹を植えるメリット】

①落ち葉という有機資材が無料で手に入る

②果樹を植えていれば食べ物が手に入る

③隣地と離れていて、果樹の品質や収量を気にしなければほぼ手入れが要らない

④鳥や虫や小動物の休憩場、餌場、住処になるので生き物の数と多様性が増える

↑この4つともに動画でもお伝えしましたが、それぞれについて書いてみます。特に④は動画内ではお話しわすれた内容です。

①落ち葉という有機資材が無料で手に入る

そのままです笑 

落ち葉はとても使い勝手の良い有機質資材です。何が良いかって、草のように刈る必要も無いし、水やりや種まきをしなくても毎年自動で落ち葉を生産してくれる。それを集めるだけで良いし、そのまま放っておけば落ち葉堆肥がゆっくりとですが出来上がっていきます。これをホームセンターで買うと1袋300円くらいしますからね。

どの木でも分解されれば良い感じの腐葉土になると思いますが、樹種によって葉っぱの性質も変わるので、なるべく良い腐葉土がほしい…しかも果実も食べたいとなるとお勧めは『栗』かな。栗の木は落葉樹で葉っぱも比較的柔らかくて分解されやすいです。

それに対して柑橘類や樫などの常緑広葉樹の葉っぱは固めで分解されにくいです。

②果樹を植えていれば食べ物も手に入る

これもそのままですねw

『奇跡のリンゴ』が有名になったこともあり、無農薬、ましてやほったらかしでは果樹はできないんじゃないか?とも思われていそうですが、そんなことはありません。

人間の手助けがあって果実が実ったり美味しく出来る品種というものは沢山生み出されて、現在の市場流通ではそちらが中心ですが、昔からある古い品種や果樹の種類によっては無農薬無肥料でも毎年たわわに実をつけてくれます。

梨や品種改良されたリンゴあサクランボなんかは難しそうですが、柑橘類全般、ビワ、栗、梅、桑、柿、イチジク、銀杏などなど。散歩やドライブしていると案外、勝手に実って食べられずに地面に落ちてる果樹もけっこうありますのでそういうのを参考にしてみるといいかもです。

③果樹の品質や収量を気にしなければほぼ手入れが要らない

これもそのままなのですが(ぜんぶそのままですね)、②でも述べたように、自活できる果樹はけっこう多いです。ただ、それを美味しくしたいとか、沢山実らせたいとか、収穫し易い高さにしたいとかがあると、それらを実現するための手入れは必要になりますが、最低限の手入れで太陽光が当たるように草刈りや周りの木を切ってあげればあとは殆ど手入れ無しで収穫できます。

ただ、伸ばしっぱなしだと隣地の方に枝を伸ばしてしまったり、収穫しにくい出来ないくらいの高さにまで伸びてしまったりするので、定期的な剪定は行った方がいいかなと思います。落ち葉も畑に生えてるならいいけど、庭に生えてると落ち葉かきもしなくちゃならないですね。

④鳥や虫や小動物の休憩場、餌場、住処になるので生き物の数と多様性が増える

木は野菜や草よりも大きく環境を変えます。地上部も地下部にも草本に比べて広く伸びるし、長い年月そこに有り続けます。環境的な変化、多様性があるとそこに住まう生き物たちにも多様性が生まれます。

木の実が鳥や虫、小動物の餌になり、羽を休める場所にもなるしウロ(木の幹にできた穴)があればそこに巣を作る生き物もいます。根っこの部分にはたくさんの蝉の幼虫がくっついて生息していたりします(以前、以来された仕事で直径50cmくらいの切り株を撤去するために掘り出していたら30匹以上出て来ました。他の木の根元にできる限り移動して埋めておいたけど、生き延びられたかな…)

そうして動物たちが集まってくればそこで糞をしたり、死んだら亡骸が土の養分になり蓄えられていきます。この生き物を増やすほどに土が豊かになっていくという考え方が自然農をする上でのポイントです。

というように色々とメリットを述べて参りましたが、撤去するのは大変だし、育つのにも時間がかかります。それでも長いスパンでその土地をデザインしていくなら樹木は是非取り入れて作っていくのがよいと思いますし、既に生えているならそれらをなるべく活かすようにデザインするのも面白いと思います。

畑の木を切って原木椎茸栽培に挑戦-2020年12月4日

今回は念願の!シイタケ栽培に挑戦する回です。

動画の内容の補足も含めて、シイタケ栽培について解説していきます。

YouTube【ちょこっと自然農】の動画は↓こちらのリンクからもご覧頂けます。

シイタケ栽培のやり方には大きく分けて2つあり、一つは木材の切りくずのオガクズなどを使った菌床栽培と今回私がやった原木栽培です。

その原木栽培に使う種菌もオガ菌と駒菌というのがあり、オガ菌の方がいくらか安価なのですがやや手間が掛る。駒菌の方が簡単で失敗もしにくいし、子どもの頃に手伝いでやったこともあったので駒菌の方にしました。

穴開け用のドリルビットも一緒に売っていたのですが、3,000円以上したのでやめておき、家にあった電動ドリルと木工用のドリル刃セット(1,000円くらい)の8mm刃で穴を空けました。

作業の様子自体は動画の通りで、仮伏せまで行ったのであとは3月下旬までやることなしです。順調に菌糸が伸びていくことを願います。

ついでに今回の3号地に生えている柏の木を切ることになったことから伐採するところまでのお話。

柏の木は柏餅に使われるあの葉っぱの木です。葉には芳香があり、翌年に新芽が出るまで古いが落ちない特性から『代が途切れない』縁起物とされて柏餅を包むことになったり、家紋や神紋(神社の紋章)にもよく使われているようです。

ですが、この葉っぱがこの木を切る理由になったのです。

大きな葉っぱが冬枯れても付いたままで冬から春の強風で飛び散り、近隣のお家の敷地に入ったり洗濯物にひっついたりして毎年ちょっとした厄介物となっていました。葉っぱをなんとかしてもらえないかというご近所さんからのお話もあり、地主さんに相談したところどうぞ切って下さいとのことだったので、チェーンソーを持ち出していざ伐採となりました。

しかし、生えている場所が敷地の隅っこの角部分だったので伐採には気を遣いました。私も何度かチェーンソーでの伐採は経験があるものの、本職ではなく、これまでは自分がケガしないように切り倒せばよかったのですが、今回は狙った方向に倒さなければお隣さんの塀や畑のものを壊してしまいます…

最初はなるべく枝を切って軽くしてから切り倒そうかとも思いましたが、その枝も太く直径15cm以上あり、切り落としたらお隣さんの塀の上に落ちてしまう位置…

これならいっそ幹を切って畑側に倒すのが良いと判断し、木の地上50cmのあたりの畑側に受口を入れました。少しずつ微調整しながら受口を作り、追口を入れていきます。

風もやや強いので煽られて反対側に倒れないか注意しながら追口を切り進めていくと、

ミシミシ…ストン。

これだけ大きく重たい木なのに、驚く程静かに倒れてくれました。

ばっちり敷地内に納まり、ケガも何かを壊すこともなく済みました。ヨカッタ!!

あとは木材として使いたい部分と、シイタケ用の原木にする部分に切り分けて、最後に葉っぱのついた枝の部分をナタで切って片付けました。

細長い枝は農具の柄に、割って乾燥させている板材はまな板や更に割って斧などの柄にしてみようとあれこれ考えています。

いろいろやりたいけれど、はたして上手くいくかしら?