『自然生え』について

今回の記事は↓こちらの動画の内容に沿って、補足を書きます。

《動画タイトル》【雑草化する野菜】自然生えのしやすさを解説〔自然農法〕2020年8月6日撮影

【動画の目次】

  1. 動画内容の説明、自然生えとは?
  2. 果菜類について
  3. 根菜類について
  4. 葉菜類について
  5. 畑を散策して実際に自然生えしている野菜を見てみる

【補足説明】

①今回の動画での『自然生え』とは

自然生え(じねんばえ)とは、人為的にタネ蒔きしたわけでは無く、野菜が実らせた果実や種子が自然に地に落ちて発芽して育つことを言います。

今回の動画では、『タネ蒔きをした翌年以降に発芽して育つか』をポイントにしましたが、キュウリなどは春植えしたものが初夏に実をつけてそれが落ちて真夏に発芽、秋頃にまた収穫できるまでに育つということもあります。

このケースを『シーズン内の自然生え』と言うことにしました。

『タネ蒔きをした翌年以降に発芽して育つか』と、ちょっとややこしい表現にしたのは果菜類と根菜類・葉菜類ではタネが出来るタイミングが異なるからです。

一般的な果菜類(トマト、ナス、キュウリなど)はタネを春先に蒔いて夏に実が出来て秋にタネが地に落ちて冬を越して翌年の春に発芽しますが、人参や大根などの根菜類と小松菜やホウレンソウなどの葉菜は一度冬の寒さを経験しないと花芽を付けません。なので基本的には年越し後にタネが出来てそれが落ちてまた春~秋の間に発芽します。

例外として、2~3月の寒い時期にタネを蒔いて育てると年越し前に蒔いた葉菜類と同じタイミングで花を咲かせたりします。

②自然生えしやすいポイント

今回の動画では自然生えしやすい野菜としにくい野菜を解説していきました。編集している時に気づいたのが、次に挙げるポイントで総合的に『自然生えしやすい』かそうでないかが決まると思います。

  1. 着果数(タネの数)が多い
  2. 発芽後の生長力が強いか早い
  3. 虫に食われにくい
  4. 生育に適した時期まで休眠できる
  5. 休眠が解ける条件が厳しくない(発芽しやすい)

この条件を満たすものほど、自然生えしやすいと思います。

たとえば、葉菜類の特にアブラナ科の野菜(小松菜をイメージしてみます)はタネも多いし、発芽もし易くその後の生長も早いのですが、時期によっては虫に非常に食われやすくなります。

上記条件の1,2、5は満たしますが、発芽しやすいだけに春~夏に種が落ちたらすぐに発芽します。5~8月は雑草と虫の勢いが強い為それらに負けやすく上手く育ちにくいんです。

ただし、同じアブラナ科の葉野菜でも、辛みのある高菜やルッコラなどは虫に食われにくく春~夏に発芽してもそのまま生き残って育ったりします。

これはルッコラのタネが入っているサヤの部分。他のアブラナ科と違って真ん中に仕切り板がある。

果菜類でいうと、トマトは上記条件を全て満たします。それに対してピーマンは2,3,5が欠けます。生長が遅く、新芽はナメクジに食べられやすく、発芽するために他のナス科野菜よりも高い温度が必要になります。ナスもピーマンほどではありませんが同様の理由であまり自然生えしてきません。

自然生えしてきた大玉トマト(ポンテローザ)
タネ蒔きして育てたものよりも元気にきれいに育ってました。

カボチャやキュウリなどのウリ科はタネ自体は発芽しやすいのですが、タネが果実で守られている間は発芽しません。(例外として栄養状態が悪いと果実内発芽といって果実内で発芽してしまう場合もあります)

年を越した5月時点でもこの瑞々しさのバターナッツカボチャ。
常温保存でも1年近く果実がしっかりとしてタネを保存していた。

夏に実が出来ても実が熟して崩れるまでは時間が掛るのでその間に冬になれば発芽せずに年を越えて翌年の暖かくなった頃に発芽します。

そうやって『発芽のしやすさ』と『しっかり休眠する』という相反する要素を果実を使うことで実現しています。

大根の実もそうですね。尖ったひょうたんのような形の実をたくさんつけてそのカラは他のアブラナ科のものより硬く割れにくいんです。

これらのポイントを意識して野菜の発芽から種を付けるまでを観察してみると、野菜の自然生えへの理解が深まると思います。

〔動画補足〕無肥料・不耕起畝に黒大豆の踏みつけ種蒔きと発芽【耕さない畝作り】2020年8月1~7日

↓今回はこちらの動画の内容説明と補足です。

【動画の内容】

  1. 三角ホー1本でやる簡易的な踏みつけ種蒔きのやり方
  2. 黒豆の説明、大豆の種蒔き時期について
  3. 畝整備に使うクワの紹介とポイント
  4. 六つ子を使った浅耕
  5. 櫛形草削りを使った除草作業
  6. 三角ホーを使った種蒔き用溝切り
  7. 黒大豆の踏みつけ種蒔き
  8. 種蒔きから6日後、発芽の様子

【各項目の説明と補足】

1.三角ホー1本でやる簡易的な踏みつけ種蒔きのやり方

YouTube動画より抜粋

一通り畝の整備から踏みつけ種蒔きをやった後に、もっと簡単なやり方を思い出したのでやりました。三角ホー1本で種蒔きする場所だけ地表面の草を削り、種蒔き用の溝を切ってそこにタネを蒔き、溝の横に盛った土を三角ホーで押し戻してから足でふみつけて鎮圧。

土に十分な水分があれば水やりは不要で踏みつけることで土をタネが密着して、土の水分だけで十分に発芽してきます。ただ、土の水分が少なかったりしばらく雨が降らないような時は水やりをした方が発芽は早くなります。

水分が十分なら種蒔きから3~5日ほどで発芽します。今回は水やり無し、種蒔き後に雨も降りませんでしたが、5日後から発芽し始めました。

2.黒豆の説明、大豆の種蒔き時期について

YouTube動画より抜粋

黒豆は大豆の一種だということをご存知無い方も実は多いのではないかしら?とふと思いました。大豆は色んな種類があって、最もポピュラーなのは白大豆。豆腐に納豆に、節分の時の豆など、馴染みも深いと思います。

でも他にも、黒、緑、黒っぽい紫、緑+黒の2色、と色も色々あって、更に粒の大きさでも、黒千石のような極小から、今回蒔いた丹波黒のような大粒のものまであります。稲と同様に主要な穀物だったので日本各地でその地域独自のものが沢山生まれていったのでしょうね。ちなみに、枝豆は大豆の未熟果(つまり同じ植物)ということを知らない方も多いと聞きます。

話を動画の方に戻します。今回蒔いたのは、品種名『丹波黒 大粒大豆』です〔丹波の黒豆〕が有名で、品種としてはそれと同じものです。蒔き時は6月~7月上旬までとなっているので8月上旬は1ヶ月ほど遅いです。種袋の裏に書いてある情報って目安みたいなものなのでそこまで厳密に守らなくても大丈夫(逆に言えばそれの通りにやっても上手く行かない場合もある)なので絶対無理ではないですが、大粒の大豆は生育にも時間がかかるのでそこがネックです。

豆が大きくなる前に寒くなって葉が枯れてしまえば、粒が小さいまま熟します。それならまだ良いのですが、豆が出来る前に枯れてしまえばタネにすらできません。その点でもギリギリなタイミングです。

豆の種類によっては8月上旬までが種蒔き適期というのもあります。また、生育期間の長さによって短い物から、極早生、早生、中生、中晩生、晩生という分類分けがあります。読み方も独特でそのまま『ちゅうせい』『ばんせい』と読んだり『なかて』『おくて』と読む場合もあります。

『夏と言えばビールと枝豆』を叶えるためには3月頃から苗作りや種蒔きを始めないと6~7月の枝豆収穫には間に合わないのですが、3~4月の種蒔きでの大豆栽培は無農薬だと虫に食われやすくてちょっと難しくなります。そもそも気温が低いので発芽しにくかったり、発芽後も虫に食われやすく生育も遅く、初心者には案外難しかったりします。

それが、梅雨明け後の6月中旬~7月中旬に種蒔きをするとタネ蒔いた後は、草取りするだけでほぼ放置で元気に育ち、虫食いも少なくきれいに出来ました。

※虫食いの被害は、葉っぱをコガネムシ(マメコガネ)に、実はカメムシに吸われるのと、サヤの中の実をダイズサヤムシガという小さなイモムシに食われます。

梅雨明け後の種蒔きだと上記の虫食い被害が激減する代わりに、驚異となるのが近年の強力な台風です。サヤが膨らみ始める8月下旬~9月下旬に台風によって葉っぱが振られまくると、数日後から葉っぱが急に枯れ始めます。最初は理由がわからなかったのですが、おそらく激しく振られたことで葉っぱの葉脈が切れたり、細胞が傷んでしまったのだと思います。

葉っぱが枯れると光合成出来なくなるので、十分に豆が大きくならずに熟してしまいます。

ここが悩みどころ。虫除けの代わりに風除け対策が必要になります。

3.畝整備に使うクワの紹介とポイント
4.六つ子を使った浅耕
5.櫛形草削りを使った除草作業
6.三角ホーを使った種蒔き用溝切り

YouTube動画より抜粋

今回は、六つ子、櫛形草削り、三角ホー(全て相田合同工場製)の3つを使い分けましたが、草刈りがしてある場所なら動画の冒頭部分のように三角ホー1本でもできます。

ただ、畝の状態によっては農具を使い分けたり他の作業も必要になるので参考にしていただければと思います。

7.黒大豆の踏みつけ種蒔き

YouTube動画より抜粋

踏みつけ種蒔きの最大のメリットは、作業が楽で早いということです。

種蒔きごんべえなどの機械があればそっちの方が早くてしかも丁寧に出来ますがそういったものが無い場合は、手で蒔くことになり、通常ならしゃがんで蒔いて土を被せて抑えて移動して…を繰り返すので足腰が痛くなり、作業速度もあまり速くなりません。

それが踏みつけ種蒔きならタネを蒔くのは手、覆土、鎮圧は足と役割分担出来るので、移動しながら覆土と鎮圧ができるし、作業も早くなり、しかも立ったままなので足腰への負担も少なくすみます。

欠点と言えば、体重が掛るので土が濡れすぎている場合や、耕耘機で耕して軟らかくなりすぎた畝では土が固まりすぎてしまうので出来ない(向かない)ことと、慣れないとタネの蒔き方のバラツキが大きくなります。

それと、動画内でも話しているポイントですが、踏むのはつま先で行う方が力加減がしやすいです。あと靴底の形状が大事です。かかとが出っ張っている長靴だと、畝の表面がデコボコになるのでフラットなものを履いて行いましょう。

8.種蒔きから6日後、発芽の様子

YouTube動画より抜粋

今回は土も十分湿っていたので、種蒔き後の水やりは一切無しで経過を見ていました。その後も雨が降らなかったので、水やりした方がいいかな?と思った種蒔き後4日くらいで芽が出始めたのでそのまま観察していました。

水分、温度が適正なら今の時期は3~5日程度で発芽すると思います。それで発芽しない、あるいは芽が見当たらない場合は、水分が足りないか、鳥に食べられてしまった可能性を疑いましょう。

畝の表面が掘り返されているようなら鳥の仕業なので蒔き直しをする。畝の表面が無事だけど見るからに乾燥しているなら水やりをしてあげます。

それでもう数日様子を見てみるとよいと思います。

今回の内容説明、補足はこれで終わりです。

気になることやもう少し知りたい事などありましたらお気軽にブログでも動画にでもコメントください^^

動画補足【ノコギリ鎌の研ぎ方~】2020年7月31日投稿

今回は↓こちらの動画の補足説明です。

動画の内容

  1. ステンレス製と鉄製のノコギリ鎌の違いについて
  2. 鉄製のものをお勧めする理由、安物はNGな理由
  3. ノコギリ鎌を研ぐための道具について
  4. イネ科雑草で研ぐ前の切れ味チェック
  5. 切れない鎌は引きちぎっているので疲れる
  6. ダイヤモンドシャープナーを使ったノコギリ鎌の研ぎ方
  7. 研いだ後の切れ味チェック

【各項目の補足説明】

1.ステンレス製と鉄製のノコギリ鎌の違いについて
2.鉄製のものをお勧めする理由、安物はNGな理由

最初は錆びにくく、切れ味も長続きするステンレス製(700~1,000円)のものを使っていましたが、2年くらい使うと切れなくなります。

特にノコギリ鎌は土に突き刺して使ったり、多少硬い草でも無理をさせて切ったりするのではが丸くなりやすいです。

切れなくなるのは、鋭かった刃先が削れて丸くなったり、安物の場合は柔らかい鉄で出来ていて焼き入れもされていないので細く尖った刃先は簡単に曲がります。

そのようになったら今回のようにダイヤモンドシャープナーで研げばよいのですが、ステンレスは鉄に比べて硬く、なかなか研げません。

また安物の鉄製のものは軟らかい分研いだり、曲がりを直すのは簡単ですが、また曲がったり刃が鈍ってすぐに切れなくなり、手間が掛ります。

その為、ステンレスよりも研ぎやすく、刃も鋼が使われていて出来れば焼き入れ処理がされている500~1,000円くらいのノコギリ鎌がお勧めとなります。

しかし、ノコギリ鎌を研ぐのはめんどくさいのと、少しコツがいるので『切れなくなったら使い捨てる』と割り切ってしまうのもアリです。ただ、使い捨てるからと言って、500円以下の安物を買うと数回も使わないウチに切れなくなる可能性もあるのでやはり500円以上のものがお勧めです。研がずに使い切るのであれば、錆びにくく切れ味が長続きするステンレス製のものを選んでも良いと思います。研げないわけではないですし。

3.ノコギリ鎌を研ぐための道具について

動画で言っている通り、ノコギリ鎌は砥石では研ぎにくいので半丸型のダイヤモンドシャープナー(以下Dシャープナー)がお勧めです。

細いギザ刃の隙間を研いでいくので、研ぎ減りして形の変わる砥石だと常に細い角の部分を使わねばならないので現実的ではありません。不可能ではないけれど圧倒的に難しくなります。

その点、Dシャープナーなら角度を保って前後にスライドさせれば良いので、手間は掛りますがそう難しくはありません。Dシャープナーは刃が湾曲した草刈り鎌や、刃が小さいハサミ、逆に大きいクワなども研げるので1,500円ほどはしますが、1本持っていて損のない手入れ道具です。コレも、安物はお勧めしません。安物は研磨部分のダイヤが取れやすかったり使いにくい大きさだったりします。

4.イネ科雑草で研ぐ前の切れ味チェック
5.切れない鎌は引きちぎっているので疲れる

切れ味チェックでは、『刃の食いつき』を見ています。刃が鈍ると草の繊維に引っかからず滑ってしまうので切れません。草も鎌もしっかり握って引き切れば切れるのですが、それだと余計な力が要ります。しっかり切れるノコギリ鎌なだ軽く握るだけでスパーっと切れますし、多少切れ味が落ちていてもザクザクっといった感じで切れます。自分で研ぎ直す時に目指すのは新品時のスパーッではなく、このザクザクッという切れ味にしましょう。新品並みに研ぐのは大変なので手間に対してのコスパが悪くなります。

6.ダイヤモンドシャープナーを使ったノコギリ鎌の研ぎ方

これがこの動画のメインとなります。文字だとわかりにくいので動画をご覧ください。

研ぐ部分はギザギザの刃先片側だけで良いです。他の部分が錆びていても使っているウチに錆は取れていきます。鉄製の道具は使わずにいる方が悪くなっていったりしますので、日々使うか、しばらく使わない場合は錆を落として錆止め油などを塗って保管しておきましょう。

7.研いだ後の切れ味チェック

研ぐ前のやり方を同じく、鎌を親指と人指し指でつまむようにしてチェックしています。刃の食いつきが良くなった為、草の繊維に引っかかってそのまま引き切れています。

これくらい刃の食いつきが良くなると普通に握って草刈りをする場合でも強く握らなくて済むので疲れ方が違います。

以上で今回の動画補足を終わります。

気になることなどありましたらこのブログでもYouTube動画の方でもお気軽にコメントください。